モバメモ ~ドコモメインブログ~

ドコモのモバイル情報をメインとしたブログです。

2015年10月

NTTドコモ九州支社、福岡市におけるICT教育実証研究の実施

本日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(九州・沖縄)によると、NTTドコモ九州支社は、2015年10月から2016年3月まで福岡市教育委員会と共同でICTを活用した教育実証研究を実施するとお知らせしている。

本研究では、福岡市立住吉中学校を対象に教育現場でのICT利活用を促進するため、学習用タブレットを活用し「いつでも・どこでも『繋がる』学び」の提供を目的に実施する。

電子教材を搭載したクラウド型教育プラットフォームと連携した1人1台のLTE対応学習用タブレットによる個々人に合わせた学力向上効果と教育ICT環境整備のあるべき姿を検討していくという。

■内容
・タブレット105台を配備(生徒及び教員)
・課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力や主体的に学習に取り組む態度に対する成果の検証
・教員、生徒のICTスキル向上に対する成果の検証
・モバイル回線と各アプリケーションの有効な利用方法(校内、校外、自宅の各利用シーンにおける指導・学習方法)やタブレット利用の最適な環境(回線、台数、セキュリティ等)を検証




参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/kyushu/page/151030_00.html

トモカコーヒー(代々木上原、井の頭通り沿い)



画像はプリンセットでマッキアートとコーヒープリン。

こちらの店舗は、小田急線・東京メトロ千代田線代々木上原駅南口より徒歩3分の井の頭通り沿いにある。
エチオピア発祥のコーヒー店になる。
今年2015年8月1日にオープンしたばかりで店内はきれいだった。

店内はコンクリートの打ちっぱなしになっていて、天井も剥き出しになっている。
カウンター席がほとんどで、中央には丸いテーブル席がある。
窓側のカウンター席には電源が設置されていた。
そして、ランプが可愛らしかった。

また、入り口近くの階段を上がるとロフトのような空間があり、丸いテーブル席が用意されている。

Wi-Fiは、店舗独自の「終日」をタップすると、パスワードなしで利用することができた。

営業時間は全日7:00~23:00と長い。

ドコモ、ブラジルにおいてeSIMソリューションの提供を開始

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、ブラジルの携帯電話事業者Telefonica Brasil S.A.(Vivo)と、docomoM2Mプラットフォームを利用の法人のユーザーを対象に、SIMを差し替えることなく、ドコモの電話番号からVivoの電話番号に入れ替えることができるeSIM及びeSIMを活用したソリューションの提供を開始することに合意したと発表している。

eSIMは、通信機能を搭載する車両や建設機械等のM2M機器に組み込むSIMカードを指す。

日本の通信事業者として、海外通信事業者とeSIMを活用したソリューションの提供に合意するのはドコモが初めてとなる。

ブラジルでは恒常的に国際ローミングを利用することが規制されており、これまでは日本からブラジルに通信機能を組み込んだ車両や建設機械等の機器を輸出する場合は、物理的に現地通信事業者のSIMに差し替える必要があった。
今回の合意により、ユーザーはSIMの差し替えを行うことなく、ブラジルでVivoの回線を利用できる。

本ソリューションは、ヤンマーが次年度以降にブラジルに輸出する予定の製品に組み込み、稼働状況管理、稼働診断保守、盗難防止などの遠隔情報サービスに活用される予定。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2015/10/28_00.html

NTTドコモ四国支社、受信時最大300Mbps「PREMIUM 4G」サービス開始

10月27日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(四国)によると、NTTドコモ四国支社は、2015年10月29日(木曜)から受信時最大300Mbps「PREMIUM 4G」の高速通信サービスを提供開始することをお知らせしている。

従来、2つの周波数帯を束ねる技術により受信時最大225Mbpsのサービスを展開してきたが、今回3つの周波数帯を束ねるキャリアアグリゲーション技術により受信時最大300Mbpsを実現した。

四国エリアでは、各県の主要駅であるJR高松駅、JR松山駅、JR徳島駅、JR高知駅の周辺を中心にエリア化となる。

NTTドコモ四国支社では今年度末までに順次、受信時最大300MbpsのPREMIUM 4Gエリア化を進める予定。
エリアの詳細については、ドコモコーポレートサイトにて発表していくという。

なお、通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではない。
またベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化する。

2015年10月27日現在のサービス対応端末は「AQUOS ZETA SH-01H」になる。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/shikoku/page/151027_00.html

NTT、NTTドコモ、WHILLの3社が「モビリティ型パーソナルエージェント」の実現に向けた共同実験を開始

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、NTT、NTTドコモ、WHILLの3社は、利用者に行動や気付きを促すインタラクション技術とパーソナルモビリティWHILL(電動車いす)を用いた、「モビリティ型パーソナルエージェント」の実現に向けた共同実験を2015年10月27日(月曜)から2016年3月末まで実施すると発表している。

具体的には、ドコモのモビリティシェアシステムを具備したWHILLとスマートフォンに、NTTが研究・開発したクラウド対応型デバイス連携制御技術「R-env:連舞」及び音声認識・対話制御技術などを連携させたモビリティ型パーソナルエージェントのプロトタイプを搭載し、初めて乗車する利用者に対し、エージェントとの対話による操作トレーニングを実施する。

■操作トレーニングシステムイメージ


将来的には、その他屋外にある様々なデバイスを連携させることで、利用者や周囲の状態を的確に把握し、その状況に合わせた働きかけや、利用者に行動や気付きを促す「人の可能性を広げる」モビリティ型パーソナルエージェントの実現をめざしていくという。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2015/10/27_00.html
記事検索
スポンサーリンク




ランキング

運営者情報
ハンドルネーム:ラテ
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県

所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)
月別アーカイブ
モバメモ Copyright © 2011-2019 latte All Rights Reserved.