モバメモ ~ドコモメインブログ~

ドコモのモバイル情報をメインとしたブログです。

2019年05月

仙台市・東北大学・ドコモ、災害対応型エネルギーマネジメントの実証実験協定を締結

5月30日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、仙台市、国立東北大学およびNTTドコモは、指定避難所に設置された蓄電池(バッテリー)の最適制御や電力の見える化を実施し、平常時や災害時に電力を効果的に活用できる体制構築に向け、2019年5月30日(木曜)に共同実験協定を締結したことを発表している。

これにより、地域の災害対応力向上と環境負荷の低減に貢献していくという。

仙台市は、2011年3月11日(金曜)に発生した東日本大震災の経験と教訓を踏まえ、災害時に指定避難所として活用される仙台市内の小中学校など196か所に、太陽光発電で充電可能な蓄電池を備えた防災対応型太陽光発電システムを設置した。

しかし、196か所の施設にあるシステムの中には通信方式の仕様などが異なる蓄電池が多数存在するために、平常時の太陽光発電と蓄電池の最適制御を全施設に適用できないという課題や、災害時の施設の電力使用量や蓄電量の残量などの情報をリアルタイムに収集できずに、避難所の運営に生かされていないという課題があった。

そこでこれらの課題を解決するために、今回、ドコモが取り組んできた太陽光発電と蓄電池を組み合わせたグリーン基地局の管理・制御技術を新たに取り入れ、仙台市、東北大学およびドコモは、災害対応型エネルギーマネジメントの実証実験協定を締結した。

■災害時の運用モデル


■3者の役割
仙台市:実験フィールド(指定避難所の蓄電池など)の提供
東北大学:共同実験の効果検証・分析
ドコモ:蓄電池の管理・制御技術、電力の見える化技術の検討


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2019/05/30_00.html

ドコモ東海、「第70回 全国植樹祭あいち2019」にブースの出展

5月27日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(東海)によると、ドコモ東海グループ(NTTドコモ東海支社・ドコモCS東海)は、「第70回 全国植樹祭あいち2019」のサテライト会場であるオアシス21 銀河の広場(名古屋市東区)において2019年6月1日(土曜)~2日(日曜)にブース出展を行う。

全国植樹祭は、豊かな国土の基盤である森林・緑に対する国民の理解を深めるために、公益社団法人国土緑化推進機構と各都道府県の共催で開催され、今年40年ぶりに愛知県で開かれる。

ドコモでは、1999年からドコモ社員およびドコモグループ社員が中心となり、自然環境保護活動の一環として 「ドコモの森」づくりを推進していることから、昨年9月の「第70回 全国植樹祭PRイベント」に引き続き、ブースの出展を決定した。

■実施時間
・6月1日(土曜) 午前11時~午後3時
・6月2日(日曜) 午前10時~午後3時

■ドコモの森のPR
・森のVR
 ドコモの森(土岐・定光寺・菰野)の360度映像に森林の香りや鳥のさえずりをプラスすることで、来場者に実際に森にいるかのような体験をしてもらう。
・東海4県下の森の活動写真の展示

■ワークショップ
・ドコモの森の間伐材を使用した工作体験
 作品(ヒノキツリーもしくはカスタネット)
・花を咲かせましょう
 フェルトで花を作り、実際の木に飾りつけることで満開の木に作りあげてもらう。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/tokai/page/190527_00.html

ドコモ・AGC・エリクソン、28GHz帯の電波送受信が可能な「ガラス一体型5Gアンテナ」で5G通信に成功

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、NTTドコモ、AGCとエリクソン・ジャパンは、自動車や鉄道などの車室内や建物内での安定した第5世代移動通信方式(5G)による高速通信実現に向け、28GHz帯の電波送受信が可能な「ガラス一体型5Gアンテナ」で、5G通信に世界で初めて成功した。

本アンテナは小型かつ薄型の透明ガラスアンテナで、景観を損ねないという特長を持っている。

■ガラス一体型5Gアンテナ


28GHz帯の周波数は、これまで第4世代移動通信方式(LTE)などで利用していた周波数帯よりも直進性が強く、車室や建物内で通信するときには電波が弱まってしまう傾向があり、電波が弱まる前に、車室や建物のガラス面に貼り付けられた本アンテナで電波を送受信することで、安定した5G高速通信が可能になる。

また、本アンテナは透明性が高く、建物や車両などに設置しても視野をさえぎらず、また景観を損なうことがないため、車両や建物などへの設置の可能性が広がる。

時速約30kmで走行中の実験用車両の窓ガラスに本アンテナを貼り付け、車内での5G通信速度を検証する実証実験を2019年4月22日(月曜)~2019年5月28日(火曜)に、東京都墨田区周辺の市街地において行った。
時速約30kmで走行中の実験用車両の窓ガラスに本アンテナを貼り付け、車内での5G通信速度を検証した結果400MHzの帯域幅で下り最大3.8Gbps、基地局から半径約100mのエリアにおいて平均1.3Gbpsの5G通信に世界で初めて成功した。

今後もドコモ、AGCおよびエリクソンは、本アンテナを複数束ねてデータの送受信を行うMassive MIMO対応によるさらなる通信速度の向上だけでなく、基地局の設置が困難な場所や一時的な5Gの需要があるような環境において、本アンテナの活用による5Gのエリア拡充や用途の拡大などの取り組みを進めていくという。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2019/05/29_00.html

ドコモ、「GNSS位置補正情報配信基盤」を10月から提供

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、測位衛星システムGNSSを活用することで誤差数センチメートルの高精度で測位することができる技術の検証を2019年3月より実施してきたが、一定の成果をあげることができたため、今回「GNSS位置補正情報配信基盤」として、2019年10月1日(火曜)から提供開始する。

GNSSは、Global Navigation Satellite Systemの略で、GPS、GLONASS、Galileo、準天頂衛星(QZSS)などの衛星測位システムの総称。

昨今、各業界で取り組みが加速している既存製品のIoT機器化において、「高精度位置情報」に対するニーズが高まっており、特に建機業界などでは、労働力不足に対応したICT建機の普及による効率的な施工管理のために、数センチ単位での高精度な位置情報の把握が必要とされている。

本基盤は、すでに国土地理院により全国に設置された約1,300局の電子基準点とドコモ独自固定局がGNSSから観測したデータを位置補正情報配信サーバに集めて加工した位置補正情報を、携帯電話ネットワークを通じて高精度位置情報を必要とする移動局に配信することで、誤差数センチメートルの高精度測位を可能にする。

また、ソリューションパートナーとドコモが独自構築する配信サーバの開発と、現在の市場におけるGNSSに関わるインフラ機材の低価格化により、高品質でありながら利用価格を抑えたサービス提供を実現する。

ドコモは、本基盤をフラグシップパートナーとしてコマツに2019年10月1日(火曜)から利用してもらい、建機のオペレーター支援システムであるマシンガイダンス技術への活用を共同で推進していくという。




参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2019/05/28_00.html

京都府とドコモ、ICTを活用した「スマートシティづくりのための連携・協力に関する協定」を締結

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、京都府とNTTドコモは、スマートシティづくりのための連携・協力に関する協定を、2019年5月27日(月曜)に締結したことを発表している。

本協定は、京都府とドコモの密接な連携・協力のもと、ICTを活用して京都の課題を解決し、京都府がめざすスマートシティづくりを推進することを目的に締結するものになる。

■本協定で連携・協力していく分野および主な事例

5G等を活用した京都のICT化推進
・5G屋内外実証環境の構築による新ビジネス創出推進
・ICT化による京都府の社会的課題の解決に向け、ドコモの取り組みを府内自治体および企業向けに講演会を開催

第1次産業のICT化推進
・中山間地域の一次産業を守り支える集落営業組織の生産性・作業効率の向上および品質向上にむけた実証
・中山間地域資源を活用した生産品のブランド化にむけた取り組み

観光振興および観光情報の発信
・京都府内のキャッシュレス化推進
・多様な観光資源を有する京都府における体験×ツーリズムの促進に向けた、ICTを活用した誘客・イベント企画の推進

健康増進
・府内住民の健康寿命延伸に向けた健康意識の向上と府内企業への健康経営推進に向けた取り組み

子どもや青少年の教育及び育成
・プログラミング思考を習得するための組み立てロボット教材「embot」を利用したプログラミング教室を開催
・自分にも起こり得る身近なトラブルについての気づき、スマートフォンを安全に使うためのルールやマナーを説明する教室を開催


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2019/05/27_00.html
記事検索
スポンサーリンク




ランキング

運営者情報
ハンドルネーム:ラテ
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県

所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)
月別アーカイブ
モバメモ Copyright © 2011-2019 latte All Rights Reserved.