本日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(関西)によると、アーバンリサーチ、データグリッド、NTTドコモ関西支社は、ファッション分野において、AI技術を活用したアパレル企業向け画像生成システムの実証実験を2019年10月1日(火曜)より開始したことをお知らせしている。

昨今、EC(イーコマース)の取り扱い高は年々増加する一方で、利用者の声としては「ECサイトにおける服の購入には自分に着用してみて似合うか分からない。」や、ECサイト運営者としては「モデルが服を着用した写真を用いたいが、多数そろえようとすると、とても手間がかかる。」などの課題や不安がある。
本システムは、そういった課題や不安に応えるために開発したシステムになる。

本システムは、ドコモやデータグリッドが保有する画像生成技術を組み合わせ、任意の服を着用した画像の自動生成サービスを提供することをめざすものである。

また、一般的に服画像は2D形式で保有されていることが多いが、画像を3D形式に変換しなくても、本システムを用いることで、2D形式のままで利活用が可能となる。
具体的には、今回の実証実験では、アーバンリサーチから提供された大量の服画像や人物画像を学習データとして活用し、ドコモが保有する身体特徴点抽出技術や物体抽出技術と、データグリッドが開発中の画像生成技術を組み合わせることでサービスの実現をめざす。

■本システムの入出力イメージ
AI技術を活用したアパレル企業向け画像生成システムの実証実験

■各社の主な役割
アーバンリサーチ:人物画像や服画像提供、商用化に向けた監修
データグリッド:服画像生成技術、試着画像生成技術の提供
ドコモ:サービス企画、身体特徴点抽出技術・物体抽出技術の開発、UIの開発、商用展開の検討