10月29日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(中国)によると、NTTドコモ中国支社は、庄原MaaS検討協議会(事務局:庄原商工会議)の「地域生活交通MaaSプロジェクト」で「AI運行バス」を活用したAIデマンド交通実証実験に参画する。

実施期間は、2019年11月1日(金曜)~11月29日(金曜)平日のみ。

庄原市は、広島県の北東部に位置し、かねてより地域生活公共交通の維持を課題としており、本実証実験はその課題解決に向けた取組みの一つになる。
本実証実験を行う地域では、人口減少による利用者減、通学をメインとした運行ダイヤへのシフト、ドライバー不足といった現状により、利用者が利用したい時間帯の公共交通運行数が減少している。

ドコモの「AI運行バス」はオンデマンドの乗合型交通サービスで、路線や運行ダイヤなどは存在せず、利用者が乗りたいときに行きたい場所までダイレクトに運ぶ新しい交通手段である。
これにより、利用者は利用したい時間帯にバスを利用でき、バス運行会社は効率的な運行により、ドライバー不足を補うことができる。

本実証実験は、事前登録済みのモニター約100名が庄原市中心部と本村・峰田地区を1日2往復する「AIデマンドバス」を利用するものになる。
乗車料金は実施期間中定額で乗り放題で本村地区1,600円、峰田地区1,400円。
車両は備北交通の9名用乗合バス1台。
電話による事前予約で利用できる。

庄原市でAI運行バスを活用したAIデマンド交通実証実験

庄原MaaS検討協議会は、利用者数、利用者の満足度を検証するとともに、運営上の課題を洗い出し、「AIデマンドバス」の2022年度の本格導入をめざす。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/chugoku/page/191029_00.html