11月1日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(東海)によると、NTTドコモ東海支社は、総務省からの委託事業「令和元年度第5世代移動通信システム(5G)の総合実証試験」を岐阜県中津川市で実施したことをお知らせしている。

複数基地局による超高速通信を活用する新たな市場の創出に向け、「遠隔教育による伝統芸能の伝承」「音の視覚化による生活支援」の2つのテーマにて、利用シーンを想定し、10月23日(水曜)に「音の視覚化による生活支援」の実証試験、10月27日(日曜)に「遠隔教育による伝統芸能の伝承」をそれぞれ実施した。

「遠隔教育による伝統芸能の伝承」では、CBCクリエイション、中部日本放送、CBCテレビと共同で、岐阜県東濃地域で盛んに行われている地歌舞伎を演ずる子供役者に、歌舞伎の師匠が高精細画像により、5Gを用いた稽古を実施した。
歌舞伎では、からだの動きは、もちろん、表情や目配りなど、演者の細かい動きを師匠が確認する必要があり、5Gの高速大容量通信を活用し実現した。

遠隔教育による伝統芸能の伝承

「音の視覚化による生活支援」では、サン電子と共同で、試験者が装着するサン電子製のスマートグラスを通して、試験者の周囲で発生する多くの音をサーバに送信し、解析を実施した結果を、画像・テキスト情報に変換し、音を視覚化することを目的として、5Gの活用で高速な情報伝達の実証試験を実施した。

音の視覚化による生活支援

今後、これらの実証試験の結果を活かし、さまざまな社会課題を解決するため、市場の創出に取組んでいくという。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/tokai/page/191101_00.html