本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、みんなのタクシー(本社:東京都台東区)と2019年11月5日(火曜)、資本・業務提携契約を締結したことを発表している。

みんなのタクシーは、都内タクシー会社5社(グリーンキャブ・国際自動車・寿交通・大和自動車交通・チェッカーキャブ)と、ソニーおよびソニーペイメントサービスの合弁企業。
タクシー会社5社が保有するタクシー車両は現在都内最大規模の1万台を超えている。

タクシー配車アプリの名称「S.RIDE」には、Simple、Smart、Speedyな乗車体験を提供する新たなタクシー利用体験を象徴しており、ワンスライドすることで、東京最大級のタクシーネットワークから一番近いタクシーを呼び出すことができるタクシー配車サービスになる。

ドコモは、次世代モビリティを推進しており、特にAI(人口知能)と「モバイル空間統計」のリアルタイム版を活用したタクシー乗車需要を予測する「AIタクシー」や、リアルタイムに発生する乗降リクエストに対して、AIを活用して最適なルートと車両を算出し効率的な配車を可能とする「AI運行バス」、および「ドコモバイクシェア」や「dカーシェア」などモビリティ分野において多岐にわたるサービスの提供を行ってきた。

今回、資本・業務提携契約を締結することにより両社の連携をさらに強化し、以下の取り組みを実施する予定。

■両社の取組み(予定)
(1)ドコモのdアカウントや7,000万人を超えるdポイントクラブ会員基盤とみんなのタクシーの配車アプリ「S.RIDE」を連携させることによる、目的地までの快適な移動を支援する新たなビジネス協業の検討。

(2)みんなのタクシーが展開するQRコード決済機能を搭載した後部座席タブレットに、ドコモの「d払い」など新しい決済手段の導入検討。

(3)ドコモの国内人口分布統計(リアルタイム版)や現在から数時間先のあるエリアにおける人数を予測する「近未来人数予測」と、みんなのタクシーが展開するタクシー配車サービスを組み合わせることによる、より高度なタクシー配車サービスの開発検討。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2019/11/05_00.html