本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、圃場や作物の栽培状況などを手軽に管理することができ、土耕だけでなく水耕栽培や水産にも対応した営農支援プラットフォームの「畑アシスト」を2019年11月7日(木曜)から提供開始することを発表している。

本サービスは、圃場に設置したセンサから取得したデータを、アクセスポイントを経由してドコモのクラウドに収集し、スマートフォンやタブレット、パソコンといった端末で手軽に確認・管理することが可能。

また、日々の作業記録や今後の計画なども併せて管理することができるため、本サービスを導入することで、農作業に関するさまざまな管理コストが効率化され、生産者は、より生産性の高い、戦略的な営農を実現することができる。

畑アシスト

本サービスでは約15種類のセンサをラインアップし、土耕だけではなく水耕栽培や水産にも対応しているので、気温や湿度から、土壌や作物の葉面温度、水産場の水質pHや水位など、状況やご要望に応じてさまざまなデータを取得することが可能です。
近年注目されている次世代水耕栽培においても、本サービスを導入いただけます。

なお、本サービスではセンサからアクセスポイントまでの通信について、LPWAネットワークの1つである「ZETA」を用いている。
「ZETA」は2016年2月からZiFiSense社より提供されており、中継器を使用することにより利用者の環境に合わせて柔軟にエリア構築が可能で、低消費電力通信などの特長を持った通信規格になる。

また、本サービスを活用した最初の取り組みとして、11月7日(木曜)から先進的な農法や農業ICTの教育にも積極的に取り組んでいる鯉淵学園農業栄養専門学校で、本サービスを活用した次世代水耕栽培を開始し、次世代農業の教育にも貢献していくという。

■料金
提供メニュー例:プラットフォーム利用、センサ、アクセスポイント