11月8日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(関西)によると、NTTドコモ関西支社は、枚方市・枚方市教育委員会と「教育情報化の推進に関する連携協定」を2019年11月8日(金曜)に締結した。

今後三者は、本協定に基づき、ドコモのセンシングなどの先端技術を取り込むことにより、枚方市の学校教育情報化を推進し、次世代の学校教育に資する新しい学びを実践するとともに、教職員のICT活用による働き方改革を実現する。

枚方市(ひらかたし)は、大阪府北河内地域に位置する中核市。

本協定で連携・協力していく分野および主な事例は、以下の通り。

■教育ICTの活用に関すること
モデル校での実証実験を通じて、
・学校教育におけるセルラータブレットを用いた新たな学びの実践
・セルラーネットワークならではの強みを活かした学習シーンの創出
・セルラーネットワークを用いた同時多接続の検証及び遠隔教育の推進

■先端技術を活用した学習や授業支援に関すること
モデル校での実証実験を通じて、
・センシング技術とICT機器を活用した学習支援方法の検証
・センサーとプログラミング教材を活用した授業支援ソリューションの検討・実施【参考】
・5Gを活用した教育ICTの推進

■教職員のICT活用による働き方改革に関すること
・セルラータブレットの活用による業務効率化の推進・支援
・デジタルコンテンツ/ツールの活用を通じた先生方の授業運営の支援

【参考】センサーとプログラミング教材を活用した授業支援
プログラミング教育にセンサーを活用することで、子どもたちの「身のまわりのこと」と「プログラミング」の結びつきを体感することができるようになり、子どものプログラミング的思考力、社会課題への関心、発想力の向上に貢献できることが期待される。

センサーとプログラミング教材を活用した授業支援



参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/kansai/page/191108_00.html